釣りG(爺)メン千釣万魚

アクセスカウンタ

zoom RSS 東北ロンリードライブ初冬編B走りがいのある「日本海・夕日ライン」を新潟へ

<<   作成日時 : 2016/12/10 17:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6年前、家内と山形・庄内地方を旅行した際は月山の麓にある漁村や宿場町などが再現された「庄内映画村」と「市立藤沢周平記念館」などの文化施設を巡り、その夜は日本海を臨む湯野浜温泉のホテルに泊まりました。
画像

画像

この時は“黄金の夕日”とまでは行きませんでしたが、日本海のサンセット・シーンをホテル最上階にある大浴場と自分たちの部屋からも見られました。
今回、泊まった由良のホテルは海岸から少し離れた高い台にあるため、景色はイマイチだったのですが、1泊2食約1万円というリーズナブルな料金ながら朝夕の食事は期待以上の料理だったうえ、スタッフの接客ぶりも申し分ありませんでした。
画像

翌朝は前日のシケが嘘のような凪になり、右手に日本海を見ながら走る新潟方面へ向かう帰京ルートは次第に日が差し始め、国道345号沿いの景勝地「笹川流れ」を通過する頃には青空が広がってくれたのです。
画像

画像

画像

画像

この日の寄り道処は新潟県村上市を流れる三面(みおもて)川のサケ漁と、その文化と歴史を伝える日本で最初の鮭の博物館「イヨボヤ会館」の見学です。
ここへ向かう途中で立ち寄った「笹川流れ夕日会館」(食堂や土産物店があります)は何とJR羽越本線「桑川駅」と合体した“道の駅”も兼ねており、たまたま当日は休館でしたが、ここから笹川流れの遊覧船場が発着する桑川漁港までは徒歩15分の距離です。
そして、同会館2階には国道を跨ぐ歩道橋の出入り口があり、目前の海岸公園に歩いて行ける仕組みでした。
画像

画像

画像

画像

画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東北ロンリードライブ初冬編B走りがいのある「日本海・夕日ライン」を新潟へ 釣りG(爺)メン千釣万魚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる