釣りG(爺)メン千釣万魚

アクセスカウンタ

zoom RSS 第二の故郷、福島県伊達市保原町で人生初の干し柿作り!

<<   作成日時 : 2016/12/06 06:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

40年余にわたって「ボス」と呼んでいる写真家・青柳陽一先生の自宅がある福島県伊達市保原町には定年退職後、春・夏・秋・冬に訪れていますが、去る11月25日には生まれて初めて「干し柿作り」を体験しました。
画像

青柳邸の庭先にある樹齢50年超という2本の柿の木は、実りの秋に食べきれないほどの収穫があります。
画像

3人の御嬢さんが子供の頃は東京・三田のスタジオ兼事務所から帰省し、家族総出で干し柿作りをしたそうですが、現在は奥様と二人暮らしのため、作業がはかどらないのが悩みだとか。
画像

そんな事情もあり、今回の東北ロンリードライブは福島を起点に日本海方面へ足を延ばすことにしました。
画像

さて、干し柿作りですが、ここ数年は青柳家の“大番頭”を自認する大橋敏宏君(私同様、年金暮らしの身)が手伝い、ボスと2人で一日がかりだったとか。
画像

当日は午前9時半から3人で作業を始め、30分の昼食休憩を挟み、午後2時すぎに約200個の柿を軒先に干しました。ボスは「君が手伝ってくれたお蔭で1時間早く終わったよ」と喜んでくれました。
画像

庭先での皮むきなどは寒さに震える時もあったそうですが、この日の天気は幸い小春日和と言える穏やかな晴天に恵まれ、初体験の私には楽しめました。
画像

(※写真の蛇は野鳥の食害防止策として大橋君が百円ショップで買ってきたイミテーションです)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第二の故郷、福島県伊達市保原町で人生初の干し柿作り! 釣りG(爺)メン千釣万魚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる