アクセスカウンタ

<<  2016年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


合縁奇縁〜〜イタリアン・レストラン「フォルケッタ高田馬場」のオープニング・セレモニーに飛び入り参加!

2016/07/24 15:10
7月23日夕、学生の街から“グルメの街”へ変貌してきた東京・高田馬場にリラックス・イタリアンを謳い、瀬戸内・三原の海の幸、山の幸を食材にる「フォルケッタ高田馬場」がオープンしました。
画像

画像

JRや東京メトロ、西武新宿線の高田馬場駅から歩いて数分の地(豊島区高田3−11−19、ヴィラ・オート・ヴァーグ2F)にある同レストランのオーナーは広島県三原市に本社を置く電気や給排水設備などを手掛ける「株式会社TRCワークシステム」(代表取締役・小林春道)ですが、東京営業所長になっている取締役の住井義央(すみい・よしひろ)氏は、サッカーでも知られる広島の修道高校で、敬愛するボスこと写真家の青柳陽一先生と同級生だったのです。
画像

(写真中央の男性が広島の修道高校で青柳先生と同級だった住井義央氏)
40年ほど前、ボスが東京・三田に居を構えていた時代、マツダ(東洋工業)の広告代理店をしていた住井さんを紹介され、当時、マツダが売り出し中だったロータリーエンジン車のカタログ写真などをボスが手掛けていたのを知りました。
画像

私のほか、ボスとも縁が深い東京・御徒町で鋼材会社を営む一方、世界的ナイフディーラーとして知られる岡安一男氏も招かれ、正午から同レストランで開かれたオープニングセレモニーに出席しました。
画像

50人を超す招待客を前に広島県三原市の天満祥典市長の名代で訪れた市議会の議員氏が乾杯の音頭を取り、ビュッフェスタイルでテーブルに次々と料理が並びました。
画像

(写真は乾杯に先立ち、開店の挨拶を述べるオーナーの小林春道社長)
画像

※営業時間はランチ11時30分〜15時、ディナー17時30分〜22時30分まで。毎月第3日曜日は定休。 詳細は同店のHPを参照ください
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2016年7月のブログ記事  >> 

トップへ

釣りG(爺)メン千釣万魚 2016年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる