釣りマニアの俳優・哀川翔さんもゾッコン~~横浜港大桟橋が釣り場に!

123年にわたり誰も釣りをしたことが無かった横浜港・大桟橋(国際客船ターミナル)の岸壁が3月に釣り場として初めて一般開放されました。
画像

画像

画像

その時、来場者の安全管理などに一役買った約50人のボランティア釣り師が大型連休の5月3日に「生態調査」の名目で招かれ、コマセの使用やオーバースローキャスティング禁止を順守して、それぞれの釣り方で挑戦しました。
画像>
画像

その一員として参加(会費1000円=保険代、釣り時間は10時~16時まで)した私は当日限りのルアーフィッシングで回遊中と目されたシーバス(スズキ)を狙ったのですが、海面下を泳ぐ群れを視認できたもののノーヒットに終わりました。
画像

ところが、ゲスト参加した俳優の哀川翔さんが終盤の午後3時半すぎ、有終の美を飾ってジグヘッド&ワームに餌を付けたハイブリッドな仕掛けで、良型のカサゴをヒットさせたのです。
画像
画像

画像
ダイワの磯釣りテスター鵜澤政則プロらは開始早々30㎝超のメジナを釣り上げていましたが、期待されたアジの姿は最後まで見られませんした。しかし、ハゼ以外に思ったほどの釣果が出なかった3月に比べ、この日は幾分、潮温が上昇してきた関係で海タナゴ・黒メバル・シロギス・スミイカなど10種を超える獲物が釣れました。
画像

今週末の13日に2回目となる「大桟橋フィッシング・チャレンジ」(抽選に当選した140人が参加予定)が開催されますが、前回以上の好釣果が期待できると思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック