釣りG(爺)メン千釣万魚

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜で11回目の開催「ジャパンフィッシングショー2017」は大寒の初日から盛況!

<<   作成日時 : 2017/01/21 17:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1月20日から22日まで横浜市西区みなとみらいのパシフィコ横浜で開催される「ジャパンフィッシングショー2017」(一般社団法人・日本釣用品工業会主催)に例年通り来賓兼報道陣として、初日の午後2時までのビジネスタイムに入場しました。
画像

午前9時30分からメインステージで行われたオープニング・セレモニーは本来なら公益財団法人・日本釣振興会の名誉会長を務める麻生太郎副総理が来賓を代表して祝辞を述べるのですが、この日は国会の開会日とあって欠席し、代わりに祝電が読み上げられました。
画像

それでも麻生氏が会長を務める「釣魚議員連盟」の松野頼久副会長が出席し、欧米から来日した来賓とともに恒例のテープカットに臨み、セレモニーを盛り上げてくれました。
画像

約半世紀前に「東京釣具見本市」という名で始まり、その後「東京国際フィッシングショー」「つり博」などと名づけられたショーが販売店などで構成された「東京釣用品協同組合」主催からメーカー団体の主催に代わって、21回目となる釣りの祭典は紆余曲折があったものの、近年は軌道に乗ってきた感があります。
画像

女性アングラーが珍しい時代が終焉して今は“釣りガール”抜きでは語れない業界になり、ショーの目玉企画にもなっているアングラーズアイドルの選出は今回で8代目(東日本大震災が起きた2011年は中止)を数え、最終日の22日にはメインステージで最終選考会と歴代アイドルが集まる催しも開かれます。。
画像

この日、午前11時から開かれた主催者の記者会見で、今年の出展者数は前年より19社(団体)多い172社(同)に及び、SNSでの情報発信は一時、アクセスが集中してパンクするほどだったとの説明もありました。
画像

天気予報通り、初日は同地も風花が舞う大寒らしい冷え込みでしたが、昼ごろになると各ブースは熱気ムンムン。快調な出足から今年は主催者の目指す4万人超の入場者が見込めそうな賑わいでした。ちなみに来年も同じ会場で1月19日から3日間、開かれます。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
横浜で11回目の開催「ジャパンフィッシングショー2017」は大寒の初日から盛況! 釣りG(爺)メン千釣万魚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる