釣りG(爺)メン千釣万魚

アクセスカウンタ

zoom RSS 親子で楽しむ夏休みの思い出〜〜第17回親子釣り体験教室in木更津沖シロギス

<<   作成日時 : 2016/08/03 21:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

8月2日、日本釣りジャーナリスト協議会(鈴木康友会長)と公益財団法人「日本釣振興会」(高宮俊諦会長、麻生太郎名誉会長)が共催する夏休み恒例のイベント「親子釣り体験教室」が千葉県浦安市猫実の船宿「吉野屋」で開かれました。
画像

画像

17回目を迎えた「親子釣り体験教室」には4人の美女が受付でライフジャケットを貸し出したり、式典でMCを務めてくれたうえ、インストラクターとして別々に乗船しました=左から4代目アングラーズアイドルの晴山由梨さん、元レースクィーンで釣り好きが高じ日釣振のイベントを手伝っているモデル兼タレントの坂地久美さん、2代目アングラーズアイドルのそらなさゆりさん、国際フィッシングショー2016の会場で7代目アングラーズアイドルに選ばれた橘みずほさん。
画像

画像

画像

前日から続く不安定な天気は当日も治まらず、集合&受付時間の午前7時前後と沖上がりする昼ごろに雷雲が発生しましたが、正味2時間余の釣り時間中は時々日が差す曇天で、海上は船酔いの心配もない凪日和でした。
画像

画像

応募総数165人のうち、27人が悪天を気にしてキャンセルしましたが、総勢138人=58組(大人67人、子供71人)が計8隻の大型遊漁船に分乗し、午前8時に河岸払いして航程約45分の東京湾アクアラインが見える木更津沖へ向かいました。
画像

画像

釣り場の水深が8〜10mなので、使用オモリは15号になり、餌は定番の青イソメのほか、協賛メーカーのマルキユーが用意してくれた人工餌「パワーイソメ ソフト中(太さ)M赤イソメ」が配られ、生きエサが苦手な子供は同品で早々と20p級のシロギスをヒットさせました=写真(山梨県富士吉田市から来た小学5年生の少年=2号船で)。
画像

画像

画像

全般的に前半は食い渋り気味でした10時すぎになると船内あちこちで「ヒット!」「釣れたよ!」の声が飛び交い、2号船で私がサポートした親子は2人で30尾近い釣果を上げて大満足でした。
画像

画像

しかし、10時半ごろになると出船前に大船長(おおせんちょう=頭首の意味)の吉野眞太郎さんの予想通り、内房の山々から暗雲が立ち込め稲光するようになり、予定していた正午納竿を1時間繰り上げた11時に全船が早上がりしました。
画像

画像

TDLと葛西臨海公園が見え始めた11時45分頃から船上も集中豪雨に見舞われましたが、桟橋に接岸した時には小止みになってくれました。
朝の開会式と同じ吉野屋の立体駐車場で行われた閉会式では、子供も大人も楽しみにしていた抽選会があり、協賛企業が提供してくれたクーラーボックスなどの豪華賞品のほか、マルキユーの社員2人が3時起きで採取してきた雌雄2匹セットのカブトムシが抽選で7人の子供にプレゼントされたのですが、「虫は苦手ですから要りません」と言う女児が現れ、この社員をがっかりさせました。
画像

画像

20代の男性100人のうち、何と75人が虫に触れない――というアンケート結果があるそうで、私たちシルバー世代から見ると何とも情けない若者が増えているようです。それはともかく参加してくれた子供たちがン10年後、釣り愛好家になっていれば幸甚です。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
親子で楽しむ夏休みの思い出〜〜第17回親子釣り体験教室in木更津沖シロギス 釣りG(爺)メン千釣万魚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる